コーディネーターが厳選!カッコ良くて使いやすい家具

menu

一人暮らしの夢を叶えるお気に入りの家具セット

一人暮らしのおしゃれな部屋の作り方~ウィンドートリートメント~

weave-100-178

写真提供:株)スミノエ

自分の部屋の窓にはどんなタイプのカーテンが合うのか?

 

窓装飾=ウィンドートリートメントはインテリアで占める面積が大きく、印象を左右される重要なアイテムです。

一般的には窓の中央から開き分けて両側で束ねるタイプの「レギュラーカーテン」が多いと思います。掃出し窓(床まである窓)は出入りする機会が多く、横にすっと引き開けられる「レギュラーカーテン」が使い勝手が一番よいのでおススメです。

また腰窓(床から腰ぐらいの高さまで壁がある窓)は、窓の下の壁部分に家具を置くことが多く、レギュラーカーテンの場合は長さをキチンと合わせないと家具の上に引きずってしまい邪魔になります。その場合は上下にたくし上げて開け閉めできる「シェードタイプ」のカーテンや「ロールスクリーン」「ブラインド」などがおススメです。また、すっきりとモダンな印象になる「縦型ブラインド」は10㎝程度の帯状の布がレールで吊下っていて、操作棒で角度を調整して光や視線を遮る物です。すっきりとした印象になるので男性の方に人気です。

レギュラーカーテンやカーテン生地で作るシェードタイプは、布の色や柄で印象がガラッと変わります。濃い色の場合はシックな高級感のある印象になりますし、薄い色の場合は主張させずにあっさりとした印象になります。

また、ブラインドではアルミのクールな印象の物のほかに、木製タイプなどもあり、インテリアイメージに合わせて素材を選ぶと良いでしょう。

カーテンやブラインドなどを購入する際は寸法が重要です。必ず窓の寸法をキチンと計ってから購入しましょうね!

お手入れも考えるとまた選択肢が変わります

カーテンは窓と部屋を遮るものですが、外の埃や砂などを吸い込みやすいです。そこで、布製のカーテンならば洗濯機で丸洗いできるものなのか?など購入時にチェックをいれましょう。

そして、ブラインドはアルミや木などでできていることが多く、掃除の際は拭くことになります。実はこの作業がかなり手間となります。なので、洗える素材の布製のブラインドや縦型のバーティカルブラインドなども検討すると良いと思います。

 

 

質が良くて安いオーダーカーテンとラグが見つかる! 特に定期的なセールは必見!!!

↓↓↓

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

内臓周りに付く脂肪