コーディネーターが厳選!カッコ良くて使いやすい家具

menu

一人暮らしの夢を叶えるお気に入りの家具セット

一人暮らしのおしゃれな部屋の作り方~ワンルーム~

g1748-l

写真提供:家具350

ワンルームはすべてが見渡せてしまい雑然としてしまうので、収納家具やパーテーションなどを使って、空間を区切るとおしゃれな空間になりますよ。

まず、キッチンスペースは食器棚などを使い、エリアを区切ってしまいましょう。広さがあまりない場合は、圧迫感のない透け感のあるオープンタイプのワイヤーラックなどで間仕切ることが出来ます。

また、カラーボックスやカウンター収納など、高さをキッチンシンクの高さと同じぐらいにすれば、圧迫感が無いので間仕切り収納として活用できます。

同じように、ベッドスペースとリビングスペースも圧迫感の無いタイプの家具で区切ると雑然とした印象ではなくなるのでおススメです。ベッド全部を完全に区切らなくても、目線から少し隠す程度で十分です。例えば、ソファーやいつも座ってくつろぐ位置からベッドが少し見えにくくなればよいので、観葉植物を間に置くだけでも随分印象が変わります。

完璧に細々と区切ってしまうのは、部屋が狭くなりますし圧迫感がでるのでおススメではありません。ですが、寝る場所・くつろぐスペース・キッチンのスペースなどがすべて、ただ家具が並んでいるだけではおしゃれな空間になりませんので、家具・パーテーションや観葉植物をうまく利用してエリア分けしてみましょう。

 

g102021-lPionnerロフトベッド 22,800円

もし、ワンルームなどで広さが取れない場合にはこんなロフトベッドで高さでカバーしましょう。

・高さ調節ができる

・自分の手持ちのお布団で大丈夫(マットレスを買う必要なし)

・下の収納部分に机やクローゼットも置けるので、かなりの収納が可能

 

 

g92027-laliado ロフトベッド  41,380円

こちらはもう少し本格的なロフトベッドです。夜眠っている時にはしごは危ないかもなんて感じる方にはこの階段付きのロフトベッドも良いかもしれません。

・下にハンガーラックがついている

・ベッドまで登りやすい

 

 

上記家具はコチラ↓↓↓

インテリアコーディネーターがおすすめする

327564

 

通販家具ショップランキング!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

内臓周りに付く脂肪