コーディネーターが厳選!カッコ良くて使いやすい家具

menu

一人暮らしの夢を叶えるお気に入りの家具セット

絵画でお部屋が変わる! おしゃれにバランス良く飾る方法

g3182-l

一人暮らしの部屋で殺風景に感じる時や、おしゃれな空間にするために額やアートパネルなどを配置するととセンスあるお部屋にすることができます。

自分が大好きなアートなどもどんどん取り入れることで、部屋もグレードアップします。

アートフレームなどは大きな1枚を飾っても良いのですが、お部屋の大きさと絵のバランスを考えることが大事です。

その他、複数枚を飾る時にもランダムに配置するのではなくラインを考えて配置しましょう。

 

仮想のラインを引いてみる

仮想のラインを設置することで、全体的にまとまりが出てきますので、映画などにも出てくるようなカッコいい絵画の配置となりますよ。

①外枠のラインを揃える・・・それぞれのフレームが横に平行のラインかもしくは縦に平行なライン上にくるように配置する。
 (架空の四角の枠を作り、その四方からはみ出ないように平行または垂直に絵を配置していく)

②フレームの中心ラインを揃える

③直角の十字ラインの上にフレームの中心、または端がくるように合わせる

④縦の中心線をとり左右に絵をジグザグに配置する。

⑤1枚のアートと他のものを組み合わせる・・・印象深いアートパネルを1枚配置をするとポツーンとして周りが寂しくなる時があります。そんな時には下におしゃれな椅子などをもってくると縦のラインが協調されます。よく、アートギャラリーなどにはこういったテクニックが使われていて、窓と窓の間の細い縦ラインに椅子が置いてあります。

デザイナーズ

こんな椅子を壁にぴったりと置いてその上に絵画をバランスよく飾るとその部分はちょっとしたおしゃれな空間となります。

 

 

 

写真提供:家具350

 

 

絵画の大きさも対のものを選んで

絵も対の大きさのものを何枚か配置することによって全体的なバランスが整います。

 

絵のテーマはできるだけ合わせて

アートパネルもテーマは統一した方が見た目にもスッキリします。たとえば、動物なら動物の写真のアートパネル。草花ならば草花系のアートパネルという風にひとまとめにすると見やすいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

内臓周りに付く脂肪