コーディネーターが厳選!カッコ良くて使いやすい家具

menu

一人暮らしの夢を叶えるお気に入りの家具セット

ひとり暮らしには収納は必須! 収納家具でセンスあるお部屋に 

400uik

一人暮らしには収納という問題はついてまわります。スペースが限られているために、収納がちゃんとできるかどうかで、その空間が雑然とするかスッキリと居心地が良くなるか決まってきます。

おそらく1Kなどの部屋では収納も季節の服や布団をしまえばほぼいっぱいになってしまうのではないでしょうか?

狭い空間のための家具というものも最近ではよく見かけるようになりました。もしも余裕があるのであれば大きなものひとつでも取り入れるととても楽に収納ができますよ。

例えば、二段ベッド(下に収納やソファーを置いて上部がベッドになっているもの)や散らかる小物などを入れておくチェストなどもひとつあれば便利です。

ただし、収納家具を選ぶ際に気をつけることは引き出しを引くときの作業導線も考えておくことが大事です。基本的には手前に90㎝ほどが必要です。

そして本棚など少し背の高い収納を置きたい場合には色使いも気をつけてください。目線よりも上に家具がくると圧迫感がありますので、壁が白であれば収納家具も白にすれば同じ収納用家具であっても多少は圧迫感が和らぎます。

あとは、薄い収納家具を選ぶことです。一番大きな本(収納物)を基準にして寸法を調節してみてください。

ほんのちょっとの気遣いをするだけで他の人と差がつくお部屋にできるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

内臓周りに付く脂肪