コーディネーターが厳選!カッコ良くて使いやすい家具

menu

一人暮らしの夢を叶えるお気に入りの家具セット

一人用の座椅子はくつろぐ場所?作業する場所?

zm-140_n_18

写真提供:家具のグランデ 蒸れないメッシュ生地の座椅子 5,479円(税込)

 

和室などで使われる座椅子は、座布団に背もたれが付いている物が多いですが、一人暮らしで使われる座椅子は、一人掛けソファーの脚が無い物といった感じで、肘が付いている物・付いていない物などデザインは様々です。

さて、くつろぐ場所ということであれば、やはり「肘付の座椅子」がふさわしいように思います。肘が付いていれば、身体が横に流れて行かずにある程度固定されますので、あちらこちらに身体を預けながら長時間座り続けることが出来ます。

反対に肘が無い物は、座面と背もたれのみで身体を支えることになるので長時間座り続けるのは意外と筋力が必要かもしれません。また、首が支えられるかどうかでリラックス感が違ってきます。首・背中・肘が包まれるようなデザインの座椅子であれば、力が抜けてリラックスできる為、そのまま立ち上がれなくなるかもしれませんね!

つぎに、作業する場所としての座椅子の場合は、リラックス感が高すぎると作業がはかどらなくなります。立ったり座ったりを頻繁にするような場所で使いたい場合は座面が回転するタイプがおすすめです。テーブルからくるりと向きを変えられるので大変便利です。ただし、身体を安定しにくいのでリラックス用には向いていません。

このように、座椅子を購入する際は使う場所や目的に合わせて選ぶようにしてみてください。上手にあわせればきっと癒しの場所になると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

内臓周りに付く脂肪